→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2022年09月23日

ドル円、4日ぶり反落

・ドル円は4日ぶりに反落。日銀が大規模金融緩和の継続を決めたことで、日本時間夕刻に一時145.90円と1998年8月以来約24年ぶりの高値を付けたものの、政府・日銀による円買い介入をきっかけに急落した。NY市場序盤には一時140.36円まで値を下げた。
 ただ、米10年債利回りが3.7138%前後と2011年2月以来の高水準を更新すると円売り・ドル買いがじわりと強まり、142.50円付近まで下げ幅を縮めた。日米金融政策の方向性の違いから押し目買い意欲も旺盛だった。
 なお、岸田首相は訪問先のNYで会見し、「為替は安定的に推移することが重要」「1年で30円以上の円安は過去にない」と述べ、「為替の過度な変動には断固として必要な対応を取りたい」と強調した。
 また、米財務省は「日本が為替市場への介入を実施したことを確認」「このところ高まっている円のボラティリティーを下げることを目的とした行動だったと理解している」として、容認する姿勢を示した。協調介入については否定した。

・ユーロドルはほぼ横ばい。米金利の上昇を手掛かりにユーロ売り・ドル買いが先行。9月ユーロ圏消費者信頼感指数速報値が▲28.8と予想の▲25.8を下回り過去最低を記録したことも相場の重しとなり、一時0.9812ドル付近まで下押しした。市場では「ウクライナ情勢を巡り、ロシアが一段の強硬姿勢を取るとの警戒感もユーロの重し」との指摘があった。
 ただ、アジア時間に付けた日通し安値0.9809ドルが目先サポートとして働くと0.9852ドル付近まで持ち直した。

・ユーロ円は4日続落。日本時間夕刻に一時143.70円と本日高値を付けたものの、政府・日銀による円買い介入をきっかけに急落した。22時前には一時138.71円と本日安値を付けた。売り一巡後は140.24円付近まで下げ渋った。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)