→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2022年05月28日

ドル円、横ばい

・ドル円はほぼ横ばい。米10年債利回りが2.70%台まで低下したことをながめ、NY勢の参入後は売りが先行。一時126.82円付近まで弱含む場面があった。もっとも、ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに向けてドル買いが観測されると、日通し高値となる127.25円まで反発。フィキシングを通過すると米3連休前の週末とあって動意が乏しくなり、127円台前半でのもみ合いに転じた。
 なお、この日発表された4月米PCEコアデフレーターは市場予想に沿った結果となったため、相場への影響も限られた。

・ユーロドルは続伸。米長期金利の低下を背景に1.07ドル台半ばまで買いが先行。フィキシングに向けてドル買いが観測されると1.0700ドル手前まで失速したが、引けにかけては1.0730ドル台まで下げ渋るなど、1.07ドル台前半での一進一退の動きとなった。

・ユーロ円は続伸。NY勢の参入後は欧米株高を支えにした買いが先行。ユーロドルが下落したことで伸び悩む場面も見られたが、取引終盤に136.40円台まで上昇するなど総じて底堅く推移した。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)