→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2022年05月25日

ドル円、下落

・ドル円は下落。米国株式相場がハイテク株を中心に軟調推移となったことで、リスク回避目的の売りが先行。また、この日発表された4月米新築住宅販売件数などの米経済指標が軒並み市場予想より弱い結果となり、米長期金利が急低下したことも売りを促した。ダウ平均が510ドル超安、米10年債利回りが2.71%台まで低下するなか、一時126.36円と4月18日以来の安値を更新した。もっとも、その後は米金利の低下が一服し、ダウ平均も下げ幅を徐々に縮小して引け前にはプラス圏に浮上。株価や金利動向をにらみながら、ドル円も126.90円付近まで下値を切り上げた。
 なお、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は本日の講演で金融政策に言及しなかった。

・ユーロドルは続伸。昨日と同様にラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁など複数のECBメンバーからタカ派的な発言が相次いだため、総じて底堅く推移した。米長期金利の低下によるドル売りが進んだ影響もあり、一時は1.0749ドルと4月25日以来の高値を更新。引けにかけても高値圏での推移が続いた。

・ユーロ円は反落。欧米株安を背景に円買いが強まった場面では135.55円の安値まで下押ししたが、一巡後は米国株の買い戻しなどに伴って136.20円台まで下値を切り上げた。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)