→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2022年05月18日

ドル円、反発

・ドル円は反発。4月米小売売上高は市場予想通りの結果となったものの、前月分が上方修正されたことが好感されて円売り・ドル買いが先行。4月米鉱工業生産指数が予想を上回ったことも相場の支援材料となり、一時129.78円と日通し高値を付けた。ただ、その後発表された5月NAHB住宅市場指数が予想を下回ったことが分かると129.07円付近まで上値を切り下げた。
 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は米紙WSJ主催のイベントで「インフレ低下の確証を得られなければ、FRBはさらに積極的な行動を検討する必要がある」「インフレが明らかに低下している証拠を確認するまで、金融引き締めを継続する」「必要であれば中立水準以上に金利を引き上げることを躊躇しない」などと発言。米長期金利の上昇とともにドル買いが小幅に入ったものの、反応は限定的となり、大きな方向感は出なかった。

・ユーロドルは3日続伸。欧州時間に伝わった欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーの発言を受けて、ECBの大幅利上げ観測が高まると21時前に一時1.0556ドルと日通し高値を更新した。
 ただ、そのあとはパウエルFRB議長の発言内容を見極めたいとの思惑から様子見ムードが広がり、1.05ドル台半ばで値動きが鈍った。
 なお、クノット・オランダ中銀総裁はテレビ番組で「7月に0.25%の利上げを実施すべきだが、大幅利上げの可能性も現時点で排除すべきではない」とし、「論理的な次のステップは0.50%になるだろう」と述べた。

・ユーロ円も3日続伸。ECBの大幅利上げ観測が高まったことでユーロ買いが先行。欧米株価の上昇を背景に投資家のリスク志向が改善したことも円売り・ユーロ買いを促し、一時136.69円と日通し高値を更新した。24時前には135.98円付近まで伸び悩んだが、下押しは限定的だった。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)