→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2022年01月05日

ドル円、続伸

・ドル円は続伸。米長期金利の指標である米10年債利回りが1.6840%前後と昨年11月24日以来の高水準を付けたことを受けて、円売り・ドル買いが先行。21時30分前に一時116.35円と2017年1月以来約5年ぶりの高値を付けた。
 12月米ISM製造業景気指数が58.7と予想の60.0を下回ったことで一時115.96円付近まで上値を切り下げる場面もあったが、下押しは限定的だった。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」による経済への悪影響は限定的との見方が広がる中、米連邦準備理事会(FRB)による早期利上げ観測を背景に円売り・ドル買いが出やすい地合いとなった。
 なお、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁は「FRBは今年2回の利上げを実施する必要がある」との見解を示した。

・ユーロドルは小幅続落。米長期金利の上昇に伴うユーロ売り・ドル買いが出ると一時1.1272ドルと日通し安値を付けたものの、12月米ISM製造業景気指数が予想を下回ったことが分かると買い戻しが優勢に。0時30分過ぎには1.1322ドルと日通し高値を更新した。もっとも、米長期金利が上昇傾向を維持したため、戻りは限定的だった。ユーロポンドなどユーロクロスの下落につれた売りも出た。
 ユーロポンドは一時0.8336ポンドと20年2月以来約1年11カ月ぶりのユーロ安・ポンド高水準を付けた。

・ユーロ円は反発。ドル円の上昇につれた円売り・ユーロ買いが優勢となり、一時131.46円と昨年11月5日以来約2カ月ぶりの高値を更新した。
 ユーロ円以外のクロス円も堅調だった。ポンド円は157.43円、豪ドル円は84.18円、NZドル円は79.23円、カナダドル円は91.67円まで値を上げた。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)