→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2021年10月15日

ドル円、反発

・ドル円は反発。米国株の大幅上昇を受けて円売り・ドル買いが先行。米連邦準備理事会(FRB)によるテーパリングの年内着手や2022年中の利上げ開始の可能性が意識される一方、日銀の金融政策正常化は見込めないため、日米金融政策の方向性の違いに着目した円売り・ドル買いも出やすかった。24時前に一時113.72円と日通し高値を更新した。
 前日に付けた2018年12月以来約2年10カ月ぶりの高値113.80円がレジスタンスとして意識されるといったんは伸び悩む場面もあったが、下押しは113.49円付近にとどまった。
 なお、良好な米企業決算が相次いだことから、ダウ平均は一時540ドル超上昇した。9月米卸売物価指数(PPI)が予想を下回ったことで、過度なインフレへの懸念が後退したことも買い安心感につながった。

・ユーロドルは小幅続伸したものの、NY市場では上値の重さが目立った。欧州序盤に一時1.1624ドルと日通し高値を付ける場面もあったが、1.16ドル台では戻りを売りたい向きが多く次第に弱含んだ。ユーロ豪ドルなどユーロクロスの下落につれた売りも出て、一時1.1584ドルと日通し安値を更新した。市場では「独長期金利がこの2日間で急低下していることも意識された可能性がある」との指摘があった。
 なお、バーキン米リッチモンド連銀総裁は「FRBはテーパリングを円滑に開始するための道筋を確保したが、利上げが適切かどうかを判断するにはまだ時間がかかる」と述べたほか、デイリー米サンフランシスコ連銀総裁も「テーパリング着手に十分なほどの進展が見られたが、利上げを検討するのは時期尚早」との認識を示したが、相場の反応は限られた。

・ユーロ円は6日続伸。米国株相場が大幅に上昇したことを受けて、投資家のリスク志向が改善すると円売り・ユーロ買いが強まった。5時30分前に一時131.86円と7月6日以来約3カ月ぶりの高値を付けた。ただ、ユーロドルやユーロクロスが下落した影響で上昇のスピードは緩やかだった。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)