→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2021年09月22日

ドル円、続落

・ドル円は続落。香港や欧州の株式相場が反発したことで、投資家の過度なリスク回避姿勢が後退し、日本時間夕刻に一時109.71円と日通し高値を付けたものの、上値は重かった。
 「巨額債務を抱え経営危機に陥った中国不動産開発大手、中国恒大集団は少なくとも2つの銀行に支払い遅延」との一部報道が伝わると、同社のデフォルト(債務不履行)懸念が高まり、リスク・オフの円買いが優勢に。高く始まった米国株相場が失速したことも相場の重しとなり、一時109.19円と日通し安値を更新した。21−22日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)への警戒も重なり、積極的な買いが手控えられた面もあった。

・ユーロ円は6日続落。欧州株相場の上昇を受けて日本時間夕刻に一時128.71円と本日高値を付けたものの、NY市場では上値の重さが目立った。一時は340ドル超上昇したダウ平均がマイナス圏に沈むとリスク・オフの円買いが優勢となり、128.00円と日通し安値を付けた。ドル円と似た動きだった。
 ユーロ円以外のクロス円も軟調だった。ポンド円は一時148.96円、豪ドル円は78.86円、NZドル円は76.37円、カナダドル円は85.03円、南アフリカランド円は7.33円まで値を下げた。

・オフショア市場(中国本土以外の市場)で人民元(CNH)はさえない展開。中国恒大集団のデフォルト懸念が根強い中、対ドルでは一時6.4877元、対円では16.83円までCNH安に振れた。市場では「混乱を防ぐために中国政府が何らかの救済に動く」との期待がある一方、中国政府は「共同富裕」を掲げて貧富の格差解消に重点を置いており、「救済は望みが薄い」とみる向きも多い。

・ユーロドルは横ばい。21時過ぎに一時1.1749ドルと本日高値を付けたものの、ユーロ円の下落につれた売りが出ると1.1715ドルの本日安値まで一転下落した。もっとも、明日のFOMC結果公表を前に大きな方向感は出なかった。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)