→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2021年09月14日

ドル円、小幅続伸

・ドル円は小幅続伸。米長期金利の指標である米10年債利回りが1.31%台まで低下したことを受けて円買い・ドル売りが先行。23時30分前に一時109.90円付近まで下押しした。ただ、アジア時間早朝に付けた日通し安値109.83円がサポートとして意識されると徐々に下値を切り上げた。ダウ平均や日経平均先物の上昇も相場を下支えした。
 もっとも、NY市場に限れば値幅23銭程度の狭いレンジでの取引に終始した。市場では「14日発表の8月米消費者物価指数(CPI)を控えて、インフレ動向と米連邦準備理事会(FRB)のテーパリング(量的緩和縮小)の開始時期を見極めたいとの向きが多い」との声が聞かれた。

・ユーロドルは小幅続落。21時前に一時1.1770ドルと8月27日以来の安値を付けたものの、売り一巡後は買い戻しが優勢に。米長期金利の低下に伴うユーロ買い・ドル売りが入り、0時30分過ぎには1.1817ドルとアジア時間に付けた日通し高値に面合わせした。ただ、同水準を上抜けることは出来なかった。

・ユーロ円はほぼ横ばい。21時過ぎに一時129.59円と日通し安値を付けたものの、売り一巡後は徐々に買い戻しが進み一時129.94円付近まで値を上げた。ユーロドルに似た動きとなった。

・カナダドルは対ドルで1.2638カナダドル、対円で87.02円まで強含む場面があった。ハリケーン「アイダ」に続き、ハリケーン「ニコラス」が勢力を強めていることを受けて、原油先物相場が上昇。産油国通貨とされるカナダドルの買いを誘った。
 同じく産油国通貨であるメキシコペソも堅調だった。対ドルでは19.8486ペソ付近、対円では5.55円付近まで上昇した。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)