→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2021年08月04日

ドル円、続落

・ドル円は続落。米長期金利の指標である米10年債利回りが1.15%台まで低下すると円買い・ドル売りが先行。23時前に108.88円と5月26日以来の安値を付けた。
 ただ、同日安値108.72円付近がサポートとして意識されると買い戻しが優勢となり、109円台を回復した。米10年債利回りが1.17%台まで戻し、一時マイナス圏で推移していた米国株相場が持ち直したことも円売り・ドル買いを誘った。3時30分前には109.16円付近まで下げ渋った。
 なお、ボウマンFRB理事は「労働市場が新型コロナウイルス禍から回復するには時間がかかる」「米経済を完全に軌道に戻すために一段の取り組みが必要」などと述べたが、相場の反応は限られた。

・ユーロドルは小幅下落。米長期金利の低下を受けてユーロ買い・ドル売りが先行すると一時1.1893ドルと日通し高値を付けたものの、前日の高値1.1897ドル手前で失速。前日と同様に心理的な節目である1.1900ドルには届かなかった。高く始まった米国株相場が下げに転じるとリスク・オフのドル買いが優勢となり、0時30分前に一時1.1854ドルと日通し安値を付けた。
 その後、米国株は再び上昇に転じたものの、ユーロポンドが下落した影響で上値は重く、戻りは1.1870ドル付近にとどまった。ユーロポンドは引けにかけて下げ足を速め、一時0.8524ポンドまで値を下げた。

・ユーロ円は続落。ユーロドルの上昇につれた買いが先行し一時129.87円と本日高値を付けたものの、その後失速。米国株相場の下落を受けて、リスク回避的な円買い・ユーロ売りが優勢となり、23時前に129.17円と7月21日以来の安値を付けた。ただ、そのあとは米国株が持ち直したことを受けて129.51円付近まで下げ渋る場面があった。

・NZドルは下値が堅かった。NZ準備銀行(RBNZ)はこの日、住宅価格の高騰と高リスクの借り入れ抑制のため、ローン資産価値比率(LVR)の一段の厳格化を検討していると発表。NZ金利が上昇し、NZドル買いが入りやすい地合いとなった。23時前に一時0.6983米ドル付近まで下げたNZドル米ドルは引けにかけては0.7019米ドル付近まで強含んだ。NZドル円も76.04円の本日安値から76.55円付近まで持ち直した。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)