→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2021年07月29日

当面方向感が出ない相場

 次の注目材料は、やはり8月6日発表のアメリカの雇用統計ではないでしょうか。アメリカの長期金利も低迷している中、強い雇用回復が見られなければ、なかなか新しい相場展開に向かうのは難しいです。その上で、アメリカの雇用統計までは、当面方向感が出ない相場展開になる可能性が高いので、それに合わせてトレードも考える必要があるでしょう。

 例えば、ドル円ですが、6月は上昇傾向でしたが、111.66円の高値をつけてから反落し、その後は109円台から110円台でのレンジ相場に入っています。新しい材料がないとここから抜け出すのは難しい。当面は109円台で買って、110円台で売りぬくということに努めるしかないかなと思います。

 個人的には、ユーロドルショートを続けていますが、アメリカの長期金利が上昇してこないので、なかなかここからの下落は難しい状況です。やはり、アメリカの雇用が回復してくることが必要条件になってくると考えています。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)