→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2021年07月27日

ドル円、反落

・ドル円は反落。対ポンド中心にドル売りが強まった影響を受けて、円買い・ドル売りが先行。6月米新築住宅販売件数が予想より弱い内容となったことも相場の重しとなり、一時110.16円付近まで下押しした。
 ただ、安く始まった現物のダウ平均が持ち直すと投資家のリスク回避姿勢が和らぎ全般円売りが優勢に。ドル円も110円台半ばまで下げ渋った。日本時間夕刻に付けた日通し安値110.12円や前週末の安値110.09円、22日の安値110.01円などが位置する110円台前半では下値の堅さが目立った。
 もっとも、市場の関心は27−28日の米連邦公開市場委員会(FOMC)に集まっており、方向感の乏しい展開だった。NY時間に限れば値幅26銭程度の狭いレンジ取引。

・ユーロドルは上昇。対ポンド中心にドル売りが進んだ影響を受けて、ユーロ買い・ドル売りが先行。予想を下回る米住宅指標もユーロ買い・ドル売りを促し、一時1.1817ドルと日通し高値を付けた。
 ポンドドルは一時本日高値となる1.3833ドルまで上昇した。英国の新型コロナウイルス感染者数がここ数日で落ち着いたことからポンドを買う動きが広がったもよう。

・ユーロ円は続伸。欧州序盤は一時129.68円まで値を下げる場面もあったが、NY市場では買い戻しが優勢に。米国株式市場で主要3指数が史上最高値を更新すると、投資家のリスク・オフの動きが後退し円売り・ユーロ買いが出た。2時30分前には一時130.35円と本日高値を付けた。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)