→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2021年04月26日

ユーロドル、反発

・ユーロドルは反発。欧州時間発表の仏・独・ユーロ圏PMI速報値が総じて良好な内容だったことからユーロ買い・ドル売りが先行。22時前に一時1.2076ドルまで値を上げた。ただ、20日の高値1.2080ドルがレジスタンスとして意識されるといったんは伸び悩んだ。堅調な米経済指標を受けて米長期金利が上昇に転じたこともユーロ売り・ドル買いを促し、24時前に一時1.2046ドル付近まで上げ幅を縮めた。
 もっとも、安く始まったダウ平均が持ち直し、一時340ドル超上昇するとリスク・オンのドル売りが優勢になり、5時前に一時1.2100ドルと3月3日以来の高値を付けた。

・ドル円は小幅ながら5日続落。対ユーロ中心にドル安が進んだ流れに沿って円買い・ドル売りが先行。22時前に一時107.48円と3月4日以来の安値を付けた。ただ、米長期金利の指標である米10年債利回りが1.58%台まで上昇すると買い戻しが優勢に。4月米製造業・サービス部門PMI速報値が良好な内容となったほか、3月米新築住宅販売件数が予想を大幅に上回ったこともドル買い戻しを促し、24時前に一時108.15円と日通し高値を更新した。もっとも、108円台では戻りを売りたい向きも多く滞空時間は短かった。米10年債利回りが1.55%台まで上昇幅を縮めたことも相場の重し。

・ユーロ円は5日ぶりに反発。22時前に一時129.78円付近まで下押ししたものの、米国株相場が底堅く推移すると投資家のリスク志向が改善し円売り・ユーロ買いが優勢になった。4時30分前には一時130.56円と本日高値を更新した。

・オセアニア通貨は堅調だった。米国株相場が底堅く推移するとリスクセンチメントに敏感な豪ドルやNZドルに買いが入った。豪ドル米ドルは一時本日高値となる0.7760米ドル、豪ドル円は83.75円まで値を上げたほか、NZドル米ドルは0.7203米ドル、NZドル円は77.73円と日通し高値を更新した。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)