→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2021年04月22日

カナダドル、上昇

・カナダドルは上昇。カナダ銀行(BOC)はこの日、市場予想通り政策金利を0.25%のまま据え置くことを決めたと発表したものの、声明では「世界とカナダの経済見通しは改善した」と分析し、債券買い入れプログラムを従来の週40億カナダドルから週30億カナダドルに減額すると表明した。また、現行の金利水準維持の前提となる経済のスラック(緩み)が吸収される時期の見通しを従来の2023年から22年後半に前倒しした。市場では来年にも利上げが開始される可能性が高まったとしてカナダドル買いが広がった。対米ドルでは一時1.2460カナダドル、対ユーロでは1.4991カナダドル、対円では86.79円まで大きく値を上げた。

・ユーロドルはほぼ横ばい。欧州時間に一時1.1999ドルと日通し安値を付けたものの、NY市場ではユーロ買い・ドル売りが優勢となり一時1.2039ドル付近まで持ち直した。BOCが金融緩和の規模を縮小し、利上げ時期のめどを前倒しすると対カナダドル中心に米ドル売りが先行。ユーロに対してもドル安が進んだ。
 ただ、アジア時間に付けた日通し高値1.2044ドルを上抜けることは出来なかった。市場では「明日の欧州中央銀行(ECB)定例理事会やラガルドECB総裁の定例記者会見を前に大きな方向感は出なかった」との指摘があった。

・ドル円は小幅ながら3日続落。ただ、NY時間に限れば値幅22銭程度のレンジ取引に終始した。本日は主要な米経済指標の発表もなく、新規の手掛かり材料に乏しかったため大きな方向感は出なかった。

・ユーロ円も小幅ながら3日続落。22時30分過ぎに一時129.64円と日通し安値を付けたものの、米国株相場が底堅く推移し、投資家のリスク回避姿勢が後退すると円売り・ユーロ買いが優勢に。カナダドル円中心に他のクロス円が上昇した影響も受けて、24時過ぎに130.14円とアジア時間に付けた日通し高値に面合わせした。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)