→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2021年04月21日

ユーロドル、ほぼ横ばい

・ユーロドルはほぼ横ばい。欧州で新型コロナワクチン接種が加速するとの見方から、経済正常化を期待したユーロ買いが入り、欧州市場では一時1.2080ドルと3月3日以来の高値を付ける場面があった。
 ただNY市場に入ると、世界の新型コロナ新規感染者が過去最多になったことなどが嫌気されて、ダウ平均が一時390ドル超下落。ナイト・セッションの日経平均先物も大証終値比630円安の2万8510円まで下げるなど、株価が軟調に推移した。為替市場ではリスク・オフのドル買いが優勢となり、2時30分過ぎに一時1.2023ドルと日通し安値を付けた。
 なお、世界保健機関(WHO)の集計によると、世界で過去1週間(12−18日)に報告された新型コロナ新規感染者は約522万人に上り、過去最多となった。

・ドル円は小幅続落。アジア時間に一時107.97円まで売り込まれた反動でショートカバーが入ると、欧州市場では一時本日高値となる108.55円まで値を戻す場面があった。ただ、NY市場に入ると米国株相場や日経平均先物の下落に伴って円高傾向が強まったため、ドル円にも売りが出た。米長期金利の指標である米10年債利回りが一時1.5554%前後まで低下したことも相場の重しとなり、一時108.03円付近まで下押しした。

・ユーロ円は続落。日本時間夕刻に一時130.97円と2018年10月以来の高値を付けたものの、海外市場では軟調に推移した。欧米株相場の下落を背景にリスク回避目的の円買い・ユーロ売りが優勢となり、一時129.99円と日通し安値を付けた。

・オセアニア通貨は軟調だった。欧米株価の下落でリスクセンチメントに敏感な豪ドルやNZドルには売りが出た。豪ドル米ドルは一時本日安値となる0.7709米ドル、豪ドル円は83.36円まで値を下げたほか、NZドル米ドルは0.7165米ドル、NZドル円は77.47円と日通し安値を更新した。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)