→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2021年02月24日

ドル円、5日ぶり反発

・ドル円は5日ぶりに反発。時間外のダウ先物の下落を背景にリスク・オフのドル買いが先行。パウエルFRB議長の議会証言を前にポジション調整目的の買いも入り、一時105.43円と日通し高値を更新した。パウエルFRB議長の発言が伝わると一時105.06円付近まで下押ししたものの、引けにかけては再び強含んだ。ポンド円中心にクロス円が上昇した影響を受けた。
 パウエルFRB議長はこの日、米上院銀行委員会で「インフレと雇用環境はFRBの目標をはるかに下回っており、緩和的な金融政策が維持される可能性が高い」と述べ、金融緩和策を維持する姿勢を強調した。足もとの長期金利の上昇については「経済再開や経済成長への市場の期待の表れだ」と述べ、当面は静観する考えを表明。また、インフレ懸念については「物価上昇が長続きするとは予想していない」との考えを示した。

・ポンドは全面高。ジョンソン英首相は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて1月上旬から実施しているロックダウンの段階的な緩和を3月8日から開始すると発表。英経済正常化への期待からポンド買いが優勢となり、ポンドドルは一時1.4117ドルと2018年4月以来約2年10カ月ぶりの高値を更新した。また、ポンド円は148.61円と19年3月以来約1年11カ月ぶりの高値を付けたほか、ユーロポンドは0.8606ポンドと昨年3月以来の安値を更新した。なお、緩和計画によると早ければ6月下旬にもほぼ全ての規制を解除し、国民の生活を正常に近い形に戻す方針だ。

・ユーロドルは4日ぶりに小反落。ダウ平均が一時360ドル超下落し、ナスダック総合が4%近く急落するとリスク・オフのドル買いが優勢となり、1.2135ドルと日通し安値を付けたものの、ダウ平均がプラス圏を回復すると買い戻しが優勢に。1時過ぎには1.2166ドル付近まで下げ渋った。

・ユーロ円は3日ぶりに反発。ただ、NY市場に限れば大きな方向感は出ず、127円台後半でのもみ合いに終始した。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)