→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2021年02月19日

ドル円、続落

・ドル円は続落。対ポンド中心にドル売りが進んだ流れに沿って一時105.60円と日通し安値を付けたものの、米10年債利回りが1.31%台まで上昇するとドル円にも買い戻しが入り下げ渋った。0時30分前には105.88円付近まで持ち直した。もっとも、米10年債利回りが1.27%台まで上昇幅を縮めるとドル円の上値も重くなった。市場では「米金利の動きにドル円が一番敏感になっている」との声が聞かれた。

・ユーロドルは3日ぶりに反発。対ポンド主導でドル安が進んだ流れに沿って、6時30分前に一時1.2095ドルと日通し高値を付けた。米長期金利が上昇幅を縮めたこともユーロ買い・ドル売りを誘った。
 なお、この日発表の前週分の米新規失業保険申請件数や1月米住宅着工件数は予想より弱い内容となった一方、2月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数は予想を上回るなど強弱入り混じる結果となったため、相場の反応は限られた。

・ユーロ円は反発。ユーロドルの上昇につれた円売り・ユーロ買いが入り一時127.81円と日通し高値を付けた。

・ポンドドルはNY序盤に一時1.3986ドルと2018年4月以来約2年10カ月ぶりの高値を付けた。英国では新型コロナワクチン接種が相対的に早く進んでおり、経済正常化への期待からポンドが買われた。その後の下押しも1.3927ドル付近にとどまり、引けにかけては1.3980ドル付近まで再び強含んだ。
 人口6千万人強の英国では1回目のワクチン接種を終えた人は約1590万人で、人口比でみるとワクチン接種は主要国の中で最も進んでいる。ワクチン対策本部のトップは「8月か9月までには国内の全ての成人が2度のワクチン接種を終えることが可能」との見解を示している。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)