→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2021年02月18日

ドル円、5日ぶり反落

・ドル円は5日ぶりに反落。22時30分発表の1月米小売売上高と1月米PPIが予想を上回ったことをきっかけに円売り・ドル買いが先行し、一時106.21円付近まで値を上げたものの、アジア時間に付けた日通し高値106.22円の上抜けに失敗すると一転下落した。指標発表直後に一時1.3294%前後まで上昇した米10年債利回りが低下に転じたことも相場の重しとなり、3時前に一時105.78円と日通し安値を更新した。NY序盤、米国株相場が軟調に推移したこともリスク回避的な円買いを誘った。
 ただ、5日の高値105.77円や200日移動平均線が位置する105.51円がサポートとして意識されると下げ渋る展開に。一時は180ドル超下落したダウ平均が上昇に転じ、過去最高値を更新したことも相場の下支え要因。

・ユーロドルは続落。ユーロポンドが下落した影響を受けてユーロ売り・ドル買いが先行。ドラギ伊新首相の「イタリアは2022年末までにパンデミック前のレベルを取り戻すことはないだろう」との発言も相場の重し。この日発表の米経済指標が軒並み予想を上回ったこともドル買いを促し、1時前に一時1.2023ドルと日通し安値を更新した。その後の戻りも1.2047ドル付近にとどまった。

・ユーロ円は5日ぶりに反落。欧米株価の下落を受けてリスク・オフの円買いが先行し、一時127.31円と日通し安値を付けた。ただ、安く始まったダウ平均が持ち直し、過去最高値を更新すると円買いの勢いは後退した。





FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)