→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2021年01月05日

ユーロドル、反発

・ユーロドルは反発。欧州株相場や時間外のダウ先物の上昇を背景に、リスク・オンのドル売りが先行。23時30分前に一時1.2309ドルと日通し高値を更新した。ただ、昨年12月30日に付けた2018年4月以来の高値1.2310ドルが目先レジスタンスとして意識されると上値が重くなった。高く始まった米国株相場が下げに転じると、これまでのドル売りが巻き戻されて一時1.2242ドル付近まで下押しした。
 なお、ダウ平均は買いが先行し、一時史上最高値を更新したものの、すぐに失速。下げ幅は一時720ドルを超え、節目の3万ドルを割り込む場面があった。

・ドル円は小反落。日本時間夕刻に一時102.71円と昨年3月10日以来の安値を付けたものの、そのあとはじり高の展開に。米国株の失速でリスク・オンのドル売りが巻き戻されてドル円にも買い戻しが入った。1時前には103.25円付近まで強含む場面があった。なお、市場では米国株の下落について「5日にジョージア州の米上院の決選投票を控えて、リスク回避の動きが広がっている」との指摘があった。

・ユーロ円は反発。23時30分前に一時126.79円と日通し高値を付けたものの、5時過ぎには126.28円付近まで押し戻された。ユーロドルにつれた動きとなった。

・ポンドドルは軟調だった。欧州市場では一時1.3704ドルと18年5月1日以来約2年8カ月ぶりの高値を付けたものの、その後は新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるためロックダウン(都市封鎖)の規制が強化されるとの報道が伝わり、徐々に弱含んだ。現物の米国株相場が下落すると、ドル買い戻しも優勢となり一時1.3542ドルと日通し安値を更新した。
 なお、ジョンソン英首相はこの日、新型コロナ感染の急激な拡大に対処するため、イングランドで新たに全面的なロックダウン措置を導入すると発表した。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)