→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2020年09月22日

ユーロドル、続落

・ユーロドルは続落。欧州各地で新型コロナウイルスの感染が再拡大していることや、米政府の内部文書(フィンセン文書)で複数の世界的な大手金融機関が過去20年近く巨額のマネーロンダリング(資金洗浄)に利用されていた疑いがあることが発覚したことで欧米株相場が急落。リスク・オフのドル買いが優勢となった。ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁が「我々はユーロの上昇に注意を払っている」と述べたことも相場の重しとなり、一時1.1732ドルと8月12日以来の安値を付けた。
 なお、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は証言原稿で「景気の先行きは非常に不透明。新型コロナウイルスや政策に左右される」との見解を示したと伝わったが、相場の反応は限られた。

・ドル円は6日ぶりに小反発。欧州市場序盤に一時104.00円と3月12日以来約半年ぶりの安値を付けたものの、まとまった規模の買い注文が観測されている104.00円の買いオーダーをこなすことができず、次第に下値の堅さが意識された。NY時間に入ると、短期勢のショートカバーが強まり一時104.86円と日通し高値を更新した。ダウ平均が一時940ドル超下落すると104.45円付近まで下押しする場面もあったが、そのあとは再びリスク・オフのドル買いが優勢となったため104.84円付近まで持ち直している。市場では「日本の4連休で市場参加者が少なく、円相場は通常よりも値が振れやすくなっている」との声が聞かれた。

・ユーロ円は続落。欧米株価の急落を受けて円買い・ユーロ売りが先行し一時122.52円と日通し安値を付けたものの、ドル円の上昇につれた買いが入ると123.40円付近まで下げ幅を縮めた。





FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)