→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2020年08月12日

ドル円、3日続伸

・ドル円は3日続伸。ユーロドルが上昇した影響で円買い・ドル売りが先行し一時105.93円付近まで値を下げたものの、アジア時間に付けた日通し安値105.92円が目先サポートとして意識されると買い戻しが入った。米労働省が発表した7月米卸売物価指数(PPI)が前月比で0.6%上昇と予想の0.3%を上回り、2018年10月以来約1年半ぶりの高い伸びとなったことが分かると、米長期金利の上昇とともにドル買いが活発化。米追加経済対策への期待や「ロシア政府が新型コロナウイルスのワクチンを承認した」との報道を好感して、ダウ平均が360ドル超上昇したことも円売り・ドル買いを促し、一時106.68円と7月24日以来の高値を付けた。
 ただ、「米追加景気対策を巡る米政権と与野党の協議が行き詰まっている」と伝わり、ダウ平均が160ドル超下落するとドル円も上値が重くなった。5時過ぎには106.43円付近まで下押しする場面があった。
 なお、米共和党のマコネル上院院内総務はFOXニュースに対し「ムニューシン財務長官やメドウズ首席補佐官は本日、ペロシ下院議長ら民主党首脳と話をしていない」と述べ、「政府と民主党が話し合いをしておらず、交渉が袋小路に入った」ことを明らかにした。

・ユーロドルはほぼ横ばい。欧州市場では8月独ZEW景況感指数が予想を大幅に上回ったことを受けて、一時1.1807ドルまで上昇する場面もあったが、NY市場では予想を上回る米インフレ指標や米金利上昇を手掛かりにユーロ売り・ドル買いが優勢となり一時1.1728ドル付近まで弱含んだ。もっとも、アジア時間に付けた日通し安値1.1722ドルを下抜けることは出来なかった。

・ユーロ円は3日ぶりに反発。良好な独景気指標を理由にユーロ買いが先行したあとは、欧米株価や日経平均先物の上昇を受けて、リスク・オンの円売りが目立つ展開に。24時過ぎに一時125.50円と日通し高値を更新した。ただ、NY午後に入ると米国株が失速したためユーロ円にも売りが出て124.88円まで伸び悩んだ。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)