→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2020年05月15日

ドル円、3日ぶりに反発

・ドル円は3日ぶりに反発。トランプ米大統領が「強いドル」を支持すると発言したことで円売り・ドル買いが先行したものの、ダウ平均が一時450ドル超下落すると106.86円付近まで押し戻された。ただ、アジア時間に付けた日通し安値106.78円を下抜けることは出来ず、そのあとは再び強含む展開に。ダウ平均が反発し380ドル超上昇したことも円売り・ドル買いを促し、一時107.37円と日通し高値を更新した。日経平均先物が2万0080円まで上昇したことも相場の支援材料となった。
 なお、トランプ米大統領はFOXニュースとのインタビューで「現時点で強いドルを持つことは良いこと。誰もがドルを持ちたがっている。私がドルの強さを維持した」などと述べたほか、中国については「習近平国家主席と今は話したくない」「中国と完全に断交することが可能か、断交した場合に何が起きるか思案」「米国で上場している中国企業を非常に厳しく注視している」などと語った。

・ユーロドルは続落。トランプ米大統領のドル高支持発言を受けてユーロ売り・ドル買いが先行し、21時30分過ぎに一時1.0775ドルと日通し安値を付けたものの、売り一巡後は1.0800ドルを挟んだもみ合いの展開となった。

・ユーロ円は3日ぶりに小反発。米国株が下落して始まったことで円買い・ユーロ売りが先行し23時過ぎに一時115.33円と日通し安値を付けたものの、米国株が持ち直すと買い戻しが優勢に。ドル円の上昇につれた買いも入り、5時前に一時115.93円と日通し高値を更新した。

・メキシコペソは堅調。WTI原油先物6月限が一時10%超上昇したことを受けて、産油国通貨とされるペソに買いが集まった。ドルペソは一時23.7524ペソ、ペソ円は4.52円までペソ高に振れた。なお、メキシコ中銀は金融政策決定会合を開き、市場予想通り政策金利を0.50%引き下げて5.50%にすることを決定。声明では「0.50%の利下げは全会一致」「リスクバランスは下向き」「第2四半期はさらに深刻になると予測」と指摘したものの、市場の一部で期待されていた「利下げペース拡大示唆」はなかった。これもペソ買い戻しを誘った。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)