→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2020年03月24日

ドル円、5日続伸

・ドル円は5日続伸。FRBが無制限の量的緩和策を導入すると発表したことを受けて全般ドル売りが先行すると一時109.83円付近まで下げたものの、アジア時間に付けた日通し安値109.67円がサポートされると持ち直した。新型コロナウイルス感染拡大による金融市場の動揺を背景に金融機関や企業が保有資産を売却して現金としてドルを積み上げる動きは根強く、この日もドル高が進みやすい状況だった。前週末の高値111.51円を上抜けて一時111.59円と2月24日以来の高値を付けた。ダウ平均は米経済対策の議会承認難航が嫌気されて一時960ドル超下げる場面があった。
 FRBは本日、緊急のFOMCを開き、新型コロナへの対応として、無制限の量的緩和(QE)を行う方針を決めた。米国債や住宅ローン担保証券(MBS)を必要なだけ買い取る。声明では「新型コロナによる衛生危機に伴い、経済が深刻な混乱に直面することが明白になってきた」としたうえで、「市場の円滑な機能への支援や経済・金融情勢全般に対する金融政策の効果的な波及を促す」と表明した。また、学生ローンやクレジットカードローン、中小企業向け政府保証融資などに関する新制度も導入する。

・ユーロドルは5日ぶりに反発。ただ、NY市場に限れば上値が重かった。FRBの無制限量的緩和でユーロ買い・ドル売りが優勢となり、24時前に一時1.0828ドルと日通し高値を付けたものの、前週末の高値1.0831ドルを上抜けることは出来なかった。新型コロナの世界的な感染拡大への不安を背景とした「資産の現金化」によるドル買いが再燃し、一時1.0720ドル付近まで押し戻された。

・ユーロ円は3日続伸。日本時間夕刻に一時117.73円と日通し安値を付けたものの、欧米市場ではじり高の展開に。ドル円の上昇につれた円売り・ユーロ買いが優勢となり、前週末の高値119.30円を上抜けると一時119.94円まで上値を伸ばした。

・ポンドドルは軟調。市場では「ドルや円となどと比べて流動性が低いためリスク回避目的の売りが出やすい」との声が聞かれる中、一時1.1447ドルと日通し安値を付けたものの、前週末に付けた1985年3月以来約35年ぶりの安値である1.1412ドルを下抜けることは出来なかった。なお、ジョンソン英首相は会見で「英国全体を3週間以上ロックダウン(都市封鎖)する」と表明したものの、相場の反応は限られた。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)