→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2020年01月14日

ドル円、反発

・ドル円は反発。米中貿易協議の「第1段階合意」の署名式を15日に控える中、投資家のリスク選好姿勢が強まり円売り・ドル買いが先行。前週末の高値109.69円を上抜けると目先のストップロスを誘発し、上値を試す展開となった。「米政府は中国を為替操作国リストから外す方向で検討している」との報道を好感した円売り・ドル買いも出て、一時109.95円と昨年5月23日以来約8カ月ぶりの高値を付けた。
 ただ、110.00円に観測されているバリアオプションに絡んだ防戦売りなどに上値を抑えられたため、節目の110円を上抜けることは出来なかった。

・ユーロドルは続伸。ユーロポンドなどユーロクロスの上昇につれたユーロ買い・ドル売りが先行。ロンドン16時(日本時間1時)のフィキシングに絡んだ買いも入り、一時1.1147ドルと日通し高値を付けた。

・ユーロ円は上昇。米中合意署名を控えて楽観的な見方が広がる中、イラン情勢の緊張も和らぎ、投資家がリスクを取りやすい地合いとなった。1時30分過ぎに一時122.49円と日通し高値を付けた。

・オフショア人民元(CNH)は堅調だった。米国が中国の「為替操作国」認定を解除したとの報を受けて、対円では一時15.98円まで上昇したほか、対ドルでは6.8803CNHまでドル安・CNH高が進んだ。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)