→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2020年01月10日

ドル円、4日続伸

・ドル円は4日続伸。米国とイランの軍事衝突回避を手掛かりに、独株式相場は約2年ぶりの高値を付け、米国株相場は史上最高値を更新した。投資家のリスク回避姿勢が後退し円売り・ドル買いが優勢となった。ペンス米副大統領が「米国はイランに対して最大限の圧力を掛け続ける」と述べたことで一時109.32円付近まで売られる場面もあったが、下押しは限定的。1時前には一時109.58円と日通し高値を付けている。
 好調な米30年債入札を受けて米長期金利が低下に転じると再び109.39円付近まで下げる場面もあったが、中東情勢の悪化懸念が後退するなか下値は限られた。
 なお、トランプ米大統領は中国との「第2段階」貿易交渉について「直ちに開始する」としたものの、「合意は選挙後まで待つ可能性がある」との考えを示した。

・ユーロドルはほぼ横ばい。米国とイランの対立が深刻化するとの懸念が和らぐ中、ユーロ売り・ドル買いが先行し24時30分過ぎに一時1.1093ドルと日通し安値を付けた。ただ、米30年債入札後に米金利が低下すると買い戻しが入り下げ渋った。

・ユーロ円は続伸。欧米株価の上昇に伴う買いが先行し一時121.69円と日通し高値を付けたものの、NY市場では大きな方向感が出なかった。値幅は20銭程度と小さかった。

・南アフリカランドは軟調だった。この日発表の11月南ア製造業生産が前年比3.6%減と前回の0.8%減から悪化し、予想の1.3%減を下回ったことでランド売りが先行。世界銀行が8日発表した世界経済見通し(GEP)で、同国のGDP見通しが下方修正されたことも引き続き嫌気された。ドルランドは一時14.2577ランド、ランド円は7.67円までランド安に振れた。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)