→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2020年01月07日

ドル円、6日ぶり反発

・ドル円は6日ぶりに反発。米軍によるイラン革命防衛隊司令官の殺害を受けて中東情勢の緊迫化が警戒され、週明けのアジア市場では株安と円高が進み一時107.77円と昨年10月10日以来約3カ月ぶりの安値を付けた。
 ただ、「107円台では本邦実需勢の買いが断続的に入っている」との指摘があり、NY市場では底堅く推移した。一時は210ドル超下落した現物のダウ平均が上げに転じると、投資家の過度なリスク回避姿勢が後退。ドル円にも買い戻しが入り、5時前に一時108.51円と日通し高値を付けた。この日発表の12月米サービス部門PMI改定値が52.8と予想の52.2を上回ったほか、12月米総合PMI改定値が52.7と前回の52.2から改善したことも相場の支援材料。一時は1.75%台まで低下した米10年債利回りが1.81%台まで上昇したこともドル買いを誘った。

・ユーロドルは3日ぶりに反発。欧州時間に発表された12月独サービス部門PMI改定値や12月ユーロ圏サービス部門PMI改定値が予想より強い内容となったことを受けてユーロ買いが先行。20時30分過ぎに一時1.1206ドルまで買われた影響が残った。
 もっとも、NYの取引時間帯では米長期金利の上昇に伴うユーロ売り・ドル買いが出たため、一時1.1181ドル付近まで下押しする場面があった。

・ユーロ円は5日ぶりに反発。欧州時間発表の独・ユーロ圏経済指標が予想を上回ったことで円売り・ユーロ買いが先行。米国株が底堅く推移しドル円が上昇したこともユーロ円の買いを誘い、5時前に一時121.40円と日通し高値を付けた。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)