→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2019年12月13日

ドル円、反発

・ドル円は反発。トランプ米大統領がツイッターに「中国との大きな合意が非常に近づいている」と投稿すると円売り・ドル買いが先行。WSJが「米交渉担当者は15日に予定している対中関税第4弾の取りやめと既存の追加関税の引き下げを提案した」と報じると、米中協議の進展期待から一段とドル買いが進行した。NY終盤には「米国は中国との貿易協議で原則合意。トランプ米大統領の署名待ち」との一部報道も伝わり、ドル買いを後押しした。ダウ平均が一時310ドル超上昇し、ナイト・セッションの日経平均先物が320円上げたことも相場の支援材料となり、109.45円と2日以来の高値を付けた。

・ユーロドルは横ばい。ECBはこの日、ラガルド総裁の就任後初の理事会を開き、金融政策の現状維持を決めた。ラガルド総裁が理事会後の記者会見で「景気は安定化の兆しがいくぶん見られる」「リスクは下サイドに傾くが、あまり深刻ではない」との認識を示すと一時1.1154ドルと11月4日以来の高値まで買われる場面があった。市場では「ラガルド総裁のデビュー会合だったが、マーケットは特段大きな反応は示さず、無難に終わった」との声が聞かれた。
 米大統領のツイートや米中原則合意との報道を受けて、米長期金利が大幅に上昇すると一時1.1103ドルと日通し安値を付ける場面もあったが、株高を背景にユーロ円が上昇するとユーロドルにも買いが入ったため引けにかけて持ち直した。

・ユーロ円は3日続伸。しばらくは121.00円挟みの値動きが続いていたが、米中協議の進展期待から米国株が上昇すると、リスク・オンの円売り・ユーロ買いが優勢となり一時121.73円と7月15日以来約5カ月ぶりの高値を更新した。

・トルコリラ円は堅調。トルコ中銀はこの日、政策金利を現行の14.00%から2.00%引き下げて12.00%にすることを決めたと発表。市場は1.50%の利下げを見込んでおり、予想よりも大幅な利下げとなった。ただ、中銀は「物価の伸び鈍化や景気の持ち直しを踏まえ、積極的な緩和サイクルは終了に近づいている可能性」との見解を示しており、リラを売る動きは限られた。米国株高を背景に投資家のリスク選好姿勢が強まると、円売り・リラ買いが優勢となり一時18.93円と日通し高値を付けた。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)