→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2019年11月28日

ドル円、3日続伸

・ドル円は3日続伸。7−9月期米GDP改定値が前期比年率2.1%増と予想の1.9%増を上回ったことをきっかけに円売り・ドル買いが先行。10月米耐久財受注額や前週分の米新規失業保険申請件数が予想より強い内容となったことも相場の支援材料となった。バリアオプションが観測されていた109.50円を上抜けると目先のストップロスを巻き込んで一時109.61円と5月31日以来約半年ぶりの高値を付けた。米中貿易協議の進展期待から米国株相場が上昇し、連日で史上最高値を更新したことも好感された。
 なお、11月米シカゴPMIや10月米住宅販売保留指数など一部米指標が予想を下回ると若干伸び悩む場面もあったが、反応は限定的だった。

・ユーロドルは反落。米重要指標の発表を控えてしばらくはもみ合いの展開が続いていたが、7−9月期米GDP改定値など良好な米経済指標が相次いだことが分かるとユーロ売り・ドル買いが優勢となった。24時前には一時1.0992ドルと日通し安値を付けた。ただ、直近安値である14日の安値1.0989ドルが目先サポートとして意識されると下げ渋った。

・ユーロ円は3日続伸。20時前に一時120.06円と日通し安値を付けたものの、米中貿易協議の進展期待から米国株が堅調に推移すると投資家のリスク選好姿勢が強まり、円売り・ユーロ買いがじわりと強まった。5時前には一時120.60円と日通し高値を更新した。

・ポンドは堅調だった。月末特有のユーロ売り・ポンド買いのフローが出たことをきっかけに全般ポンド買いが先行。12月12日投開票の英総選挙を巡る調査会社ユーガブの世論調査に注目が集まる中、英ガーディアン紙の記者が「労働党は支持率を上げたものの、保守党が過半数に十分な支持を獲得するだろう」との見解を示すとポンド買いが加速した。ポンド円は一時141.56円、ポンドドルは1.2921ドル、ユーロポンドは0.8511ポンドまでポンド高に振れた。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)