→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2019年11月26日

ドル円、上昇

・ドル円は上昇。「米中貿易協議の第1段階の合意は近い」との報道が相次いだことで、投資家のリスク選好姿勢が強まり一時108.98円と日通し高値を付けた。ただ、108.95円付近に位置する200日移動平均線がレジスタンスとして意識されると伸び悩む場面もあった。米10年債利回りの低下も相場の重し。

・ユーロドルは4日ぶりに反落。欧州の取引時間帯に一時1.1032ドルと日通し高値を付けたあとはじりじりと上値を切り下げる展開に。ユーロポンドの下落につれた売りが出たほか、市場では「欧州企業による米企業の巨額買収が意識されてユーロ売り・ドル買いが出たのではないか」との声が聞かれ、一時1.1004ドルと日通し安値を付けた。

・ユーロ円は3日ぶりに反発。ユーロドルやユーロポンドの下落につれた売りが出て一時119.83円付近まで下押ししたものの、米国株やドル円の上昇につれた買いが入ると徐々に下値が堅くなった。

・メキシコペソは軟調だった。USMCAの米議会批准について、メキシコのロペス・オブラドール大統領は年内合意に楽観的な見通しを示したものの、同国のセアデ外務次官が「労働基準などで米国との隔たりがまだある」として、米国の年内批准に悲観的な見方を示したことなどがペソの重しとなった。ドルペソは一時19.4824ペソ、ペソ円は5.59円までペソ安に振れた。
 なおIMFはこの日、「メキシコ経済はボラタイルな金融市場やエマージング市場からの資金逃避など外的リスクに直面している」との見解を示した。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)