→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2019年11月04日

ドル円、4日ぶり反発

・ドル円は4営業日ぶりに反発。10月米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を上回ったほか、過去2カ月分も上方修正されたことが明らかになると、一時108.26円まで買いが先行した。その後はいったん伸び悩む動きとなり、弱い10月米ISM製造業景気指数の発表後には107.92円付近まで弱含む場面も見られたが、108.00円割れ水準での底堅さを確認すると買いが再開。米株高や米長期金利の上昇とともに徐々に下値を切り上げた。一部報道で「米中の電話協議では原則コンセンサスに達した」と伝わったことも買いを誘い、2時30分前には108.32円まで上昇。もっとも、引けにかけては利益確定売りなどに押されてやや伸び悩んだ。

・ユーロドルは上昇。米雇用統計の発表後にドル高が進んだ場面では1.1128ドルまで売りに押されたものの、その後はユーロポンドなど一部ユーロクロスの上昇につれた買い戻しが進んだ。弱い米ISM製造業景気指数の発表後には買いが強まり、一時1.1172ドルまで反発した。

・ユーロ円は反発。株高を背景に全般円安が進んだ流れに沿って、一時120.94円まで上昇する場面も見られた。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)