→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2019年10月08日

ドル円、上昇

・ドル円は上昇。アジア市場では「中国当局者はトランプ米大統領が求める幅広い通商協定で合意することに一段と消極的な姿勢を示している」と伝わり、週明け早朝取引で一時106.57円まで売り込まれる場面があった。
 ただ、NYの取引時間帯では底堅く推移した。クドローNEC委員長が米FOXニュースのインタビューで「米中通商協議は進展する可能性がある」「中国企業の上場廃止は検討していない」などと発言し、米中協議進展期待が高まった。さらに「中国は来年にかけてより困難な問題を解決するためのタイムスケジュールを準備する用意がある」と伝わり、米国株の持ち直しとともに円売り・ドル買いが活発化した。前週末の高値107.13円や3日の高値107.30円を上抜けて一時107.46円まで上値を伸ばした。もっとも、米中貿易協議への警戒感は強く米国株が再び下げに転じると、ドル円も107円台前半で伸び悩んだ。
 なお、日米両政府の代表者は7日、ワシントンで日米貿易協定に正式に署名した。その際、トランプ米大統領は「中国との貿易協定の合意の可能性ある」「中国との部分的な貿易合意は私たちが望むものではない」などと述べた。また、米政府は中国の監視カメラ大手ハイクビジョンを含む中国企業8社をブラックリストに加えた。市場では「貿易協議にも影響する可能性がある」との指摘があった。

・ユーロドルは5日ぶりに小反落。上値の目処として意識されていた3日の高値1.0999ドルを上抜けて一時1.1001ドルと9月25日以来の高値を付ける場面もあったが、1.10ドル台では戻りを売りたい向きも多く滞空時間は短かった。米10年債利回りが1.56%台まで上昇したことも相場の重しとなり、1.0969ドル付近まで押し戻されている。

・ユーロ円は続伸。米中貿易協議の進展期待が高まると、一時は150ドル近く下落したダウ平均が持ち直したため円売り・ユーロ買いが優勢に。ドル円の上昇につれた買いも入り、一時117.91円と日通し高値を付けた。ただ、米国株が失速したため引けにかけては伸び悩んだ。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)