→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2019年05月16日

ドル円、横ばい

・ドル円は横ばい。4月米小売売上高や4月米鉱工業生産指数などさえない指標が相次ぐと円買い・ドル売りが先行。22時30分前に一時109.16円と日通し安値を付けた。
 ただ、米政府高官の話として「トランプ大統領は輸入車に対する関税発動を最長6カ月延期する考え」との報道が伝わると、投資家のリスク回避姿勢が後退し円売り・ドル買いが優勢に。米国株価が持ち直したことも相場の支援材料となり、一時109.69円付近まで値を上げた。ムニューシン米財務長官が「中国との貿易関係改善に向け真剣に協議している」と述べたことも相場を下支えした。もっとも、アジア時間に付けた日通し高値109.70円を上抜けることは出来なかった。

・ユーロドルもほぼ横ばい。ユーロ圏景気減速やイタリア財政問題などの懸念でユーロ売り・ドル買いが先行すると、21時前に一時1.1178ドルと本日安値を更新した。ただ、米国の自動車関税延期見通しで、自動車・部品輸入を巡る欧米間の対立が激化するとの懸念が後退するとユーロ買い戻しが優勢となった。23時過ぎに一時1.1225ドルと日通し高値を付けた。
 なお、サルビーニ伊副首相はこの日、「EUの財政規律は欧州を飢餓状態に陥れている」とし、改正の必要があると訴えた。前日には「雇用促進のため、EU財政規律違反である財政赤字の対GDP比3%超えの可能性」を示唆している。

・ユーロ円は小反落。22時前に一時122.08円と日通し安値を付けたが、米輸入車関税延期についての報道をきっかけに買い戻しが強まり123.09円まで値を上げた。ユーロドルにつれた動きとなった。

・ポンドドルは軟調。英国のEU離脱を巡る先行き不透明感は根強く、一時1.2827ドルと2月15日以来3カ月ぶりの安値を更新した。ポンド円も一時140.21円と1月17日以来約4カ月ぶりの安値を付けた。
 英首相官邸は14日、6月上旬にEU離脱協定案を議会に提出する方針を示したものの、メイ首相と野党・労働党の協議は難航しており、「議会での承認を得られない」との悲観的な見方が強まっている。メイ首相への辞任圧力も再び高まっている。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)