→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2019年04月19日

ユーロドル、反落

・ユーロドルは反落。欧州時間に発表された4月の仏・独・ユーロ圏製造業PMI速報値が予想を下回ったことで、欧州経済に対する懸念が強まり全般ユーロ売りが出やすい地合いとなった。
 3月米小売売上高や前週分の米新規失業保険申請件数などが予想より強い内容となったこともユーロ売り・ドル買いを誘い、2時30分前には一時1.1226ドルと日通し安値を付けている。なお、市場では「投資家は世界およびユーロ圏経済の健全性を懸念している」との声が聞かれた。

・ドル円は小反落。ただ、NY市場に限れば111円台後半でのもみ合いに終始した。良好な米小売統計や雇用指標を手掛かりに円売り・ドル買いが出て一時112.03円付近まで値を上げたものの、アジア時間に付けた日通し高値112.07円が目先レジスタンスとして意識されると失速した。4月米製造業・サービス部門PMI速報値が予想を下回り、総合PMI速報値が2016年9月以来の低水準を付けたことも相場の重しとなり、一時111.85円付近まで下押しした。ただ、そのあとは明日の聖金曜日の祝日を前に徐々に値動きが鈍っている。

・ユーロ円は反落。ユーロ圏経済指標の悪化で域内経済に対する懸念が強まり、ユーロ売りが出やすかった。ポンド円や豪ドル円など他のクロス円が下落した影響も受けて一時125.65円と日通し安値を付けた。なお、ポンド円は一時145.30円、豪ドル円は79.91円、NZドル円は74.68円、スイスフラン円は110.18円まで値を下げた。

・カナダドル円はもみ合い。21時30分前に一時83.53円と日通し安値を付けたものの、売り一巡後は83円台半ばでの狭いレンジ取引に終始した。21時30分の2月カナダ小売売上高は予想より良好な内容となったが、カナダドル買いでの反応は一時的だった。明日からのイースター休暇を控えて、ポジションを一方向に傾けにくい面があった。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)