→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2019年04月16日

ドル円、ほぼ横ばい

・ドル円はほぼ横ばい。予想を上回る4月米ニューヨーク連銀製造業景気指数を受けて一時112.08円付近まで買われ、東京時間に付けた日通し高値112.10円に迫ったものの、そのあとはやや上値が重くなった。小高く始まった米国株相場が下げに転じたほか、米10年債利回りが低下したため円買い・ドル売りが小幅ながら入った。
 もっとも、NY時間の安値は111.92円で値幅は16銭程度と非常に小さかった。今日からワシントンで開催される日米物品貿易協定(TAG)交渉を控えて大きな方向感は出なかった。日米両政府は日本時間16日未明、ワシントンでTAG交渉の初会合を開催。まずはどの項目まで交渉に入るかの範囲を詰めるという。交渉では米国が自動車での日本の輸出数量規制や、通貨切り下げを自制する為替条項を要求してくるかどうかも焦点だ。

・ユーロドルは小幅続伸。良好な米経済指標を受けて22時40分過ぎに一時1.1298ドル付近まで下げたものの、週明け早朝取引で付けた日通し安値1.1295ドルの下抜けに失敗すると買い戻しが入り下げ渋った。米長期金利の低下に伴うユーロ買い・ドル売りも入った。市場では「英議会も休会中のためブレグジット絡みの報道も少なく、欧州通貨は全体的に小動きになった」との声が聞かれた。

・ユーロ円は小幅ながら3日続伸。21時30分過ぎに一時126.79円と日通し高値を付けたものの、米国株が失速すると126.55円付近まで伸び悩んだ。

・カナダドルは軟調。原油先物価格の下落を背景に資源国通貨とされるカナダドルに売りが出たほか、BOC総合企業景況感調査がマイナス0.6と前回のプラス2.2から悪化したことが嫌気された。米ドルカナダドルは一時1.3390カナダドル、カナダドル円は83.64円までカナダドル安に振れた。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)