→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2019年01月11日

ドル円、反発

・ドル円は反発。ここのところ米利上げが打ち止めになるとの見方からドル安が進んでいたものの、この日の海外市場では米中貿易交渉の進展や米国株相場の上昇を手掛かりにドル買い戻しの動きが広がった。前週分の米新規失業保険申請件数が予想より強い内容となったことや米10年債利回りが上昇に転じたことも相場の支援材料となり、取引終了間際に一時108.52円と日通し高値を付けた。
 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は対談に出席し「必要があれば素早く柔軟に政策を変更する」などと述べたほか、FRBのバランスシートについては「緩やかながらも縮小していくことが望ましい」との認識を示した。市場では「FRB議長がバランスシート縮小継続を示唆したことがドルの買い戻しを後押しした」との声が聞かれた。
 また、ブラード米セントルイス連銀総裁は講演で「FOMCはすでに十分先手を取っている」「FRBは利上げを中止するべき」との見解を示したが、目立った反応は見られなかった。

・ユーロドルは反落。欧州景気の減速が改めて意識される中、このところ進んでいたドル安の巻き戻しが優勢となった。米長期金利が上昇に転じたことも相場の重しとなり、一時1.1485ドルと日通し安値を付けた。

・ユーロ円は反落したものの、下値は堅かった。ユーロドルの下落につれた売りが出て一時124.36円と日通し安値を付けたものの、ドル円の上昇につれた買いが相場の下値を支えた。ドル相場となったため、ユーロ円などクロス円は方向感が出なかった面もある。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)