→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2019年01月09日

ユーロドル、反落

・ユーロドルは反落。欧州時間に発表された11月独鉱工業生産や12月ユーロ圏経済信頼感指数が予想を下回ったことで、欧州景気の減速が改めて意識されてユーロ売りが出た。ポンドドルの下落につれた売りも出て、一時1.1422ドルと日通し安値を付けた。
 なお、ポンドドルは一時1.2707ドルまで下落した。9日に再開する英議会での欧州連合(EU)離脱案の審議を控え、全般ポンド売りが優勢となった。ユーロポンドは一時0.9007ポンド、ポンド円は137.98円までポンド安に振れた。

・ドル円はほぼ横ばい。日本時間夕刻に一時109.09円と日通し高値を付けたものの、109円台では戻りを売りたい向きも多く滞空時間は短かった。前週末のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言を受けて、米利上げが打ち止めになるとの見方から円買い・ドル売りが入りやすい面もあった。1時30分過ぎには一時108.44円と日通し安値を付けている。
 ただ、米中貿易協議の進展期待を背景に米国株が底堅く推移すると、投資家のリスク志向が改善し円売り・ドル買いがやや優勢に。6時30分過ぎに108.83円付近まで持ち直した。なお、8日までの予定だった米中次官級貿易協議は9日も続行する見通しとなったほか、トランプ米大統領はツイッターで「米中協議はとても順調」と述べた。

・ユーロ円は3営業日ぶりに反落。ドル円やポンド円の下落につれた売りが出て、1時30分過ぎに124.12円と日通し安値を付けたものの、米国株高に伴う買いも入ったため下値は限られた。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)