→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2019年01月04日

ドル円、5日続落

・ドル円は5日続落。アジア時間早朝に短時間で104.87円まで暴落した影響で、欧米市場でも流動性が低くボラタイルな値動きが続いた。12月ADP全米雇用報告で政府部門を除く非農業部門雇用者数が前月比27万1000人増と予想の17万8000人程度増を大幅に上回ったことが分かると円売り・ドル買いが先行。22時15分頃に一時108.00円付近まで値を上げた。
 ただ、12月米ISM製造業景気指数が54.1と予想の57.9を下回ったことが分かると、一転下落。24時頃に107.11円付近まで値を下げた。米アップルによる業績見通しの下方修正を受けて中国を中心とした世界的な景気減速への懸念が強まり、米国株相場が軟調に推移したことも相場の重し。
 米国株や米金利の低下が一服するとショートカバーが入り108.31円付近まで値を戻す場面もあったが、買い戻しはあくまでポジション調整の域を出ず長続きしなかった。ダウ平均が700ドル超下落したことも嫌気されて、5時過ぎには再び107.40円付近まで弱含んでいる。市場では「世界経済の先行き懸念が高まるなか、年始の薄商いやアルゴリズム取引が影響し不安定な値動きとなっている」との声が聞かれた。
 なお、「日銀は22−23日に開く金融政策決定会合で、2019年度以降の物価見通しを引き下げる検討に入った」「日銀は現時点で今の金融緩和を粘り強く続ける構えだが、世界経済や金融市場の不透明感も踏まえ、政策運営を議論する」との報道が伝わったものの、目立った反応は見られなかった。

・ユーロドルは反発。予想を上回るADP全米雇用リポートを受けてユーロ売り・ドル買いが先行すると一時1.1338ドル付近まで下げたものの、予想を下回る米ISM製造業景気指数を受けてユーロ買い・ドル売りが入ると1.1411ドルと日通し高値を付けた。米10年利回りが一時2.5429%前後と昨年1月以来の低水準を付けたこともドル売りを促した。

・ユーロ円は4日続落。日本が祝日で休場だったことに加え、朝方の商いが薄い時間帯に売りが膨らみ一時118.71円まで暴落した影響が残った。ただ、ニューヨークの取引時間帯に限れば「じり高」の展開。ユーロドルの上昇につれた買いが入り一時123.41円付近まで値を上げたものの、ドル円の失速や米国株安に伴う売りが出ると122.40円付近まで押し戻された。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)