→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2018年12月28日

ドル円、反落

・ドル円は反落。米長期金利の低下などをながめ円買い・ドル売りが先行。米大手民間調査機関コンファレンス・ボードが発表した12月の米消費者信頼感指数が128.1と予想の133.7を下回ったことも相場の重しとなり、一時110.46円と日通し安値を付けた。ダウ平均が一時610ドル超下落し、ナイト・セッションの日経平均先物が520円下げたことも円買い・ドル売りを誘った。
 ただ、売りが一巡すると一転買い戻しが優勢に。「年金とみられる買いが断続的に入った」ことをきっかけに、ダウ平均が急速にプラス圏を回復し260ドル超上昇するとドル円にもショートカバーが入った。米長期金利が低下幅を縮めたことも相場の下支え要因となり、111.11円付近まで値を上げている。

・ユーロドルは反発。米長期金利の低下や12月米消費者信頼感指数が予想を下回ったことを理由にユーロ買い・ドル売りが先行。ユーロ豪ドルなどユーロクロスの上昇につれた買いも入り、前日の高値1.1420ドルを上抜けて一時1.1454ドルまで上値を伸ばした。なお、ユーロ豪ドルは一時1.6316豪ドル、ユーロNZドルは1.7106NZドル、ユーロポンドは0.9061ポンドまでユーロ高に振れた。

・ユーロ円は続伸。欧米株安に伴う円買い・ユーロ売りが先行し22時前に一時126.00円と日通し安値を付けたものの、ユーロドルが上昇するとユーロ円にも買い戻しが入り持ち直した。一時は610ドル超下落していたダウ平均が持ち直したことも相場の支援材料となり、一時127.10円と日通し高値を付けた。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)