→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2018年12月06日

逆イールドについて

 市場で俄かに話題となっている逆イールドは、本当にアメリカの景気後退を示唆するものなのでしょうか?

 それに関しては、私は今の段階ではやや否定的です。それは、11月28日のパウエルFRB議長の発言によって起きたものだからです。彼の真意はまだ本当には分かりません。そういう意味においては、今月18-19日に行われるFOMCが非常に重要になってきます。今回は0.25%の利上げが予想されていますが、これはほぼ間違いないでしょう。

 問題は来年以降の利上げのペースを示すドットチャートがどうなるかでしょう。これが、下方に修正されることがあれば、いよいよ警戒が必要になってきます。これまでドル高を基本シナリオにしてきましたが、それを修正する必要も出てくるかもしれません。

 ちなみに直近のドットチャートは、2019年の中央値が3.13%、2020年が3.38%ということなので、2019年は3回の利上げ、2020年は1回の利上げという予測ということになっています。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)