→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2018年10月31日

ドル円、続伸

・ドル円は続伸。対ポンド中心にドル買いが進むと、円に対してもドル買いが先行。しばらくは113.00円に観測されていた厚めの売り注文に上値を抑えられていたものの、ダウ平均が一時460ドル超上昇すると円売り・ドル買いがじわりと強まり取引終了間際に113.13円の本日高値まで値を上げた。ナイト・セッションの日経平均先物が160円上昇したことも相場の支援材料。なお、10月米消費者信頼感指数は137.9と予想の136.0を上回った。

・ユーロドルは続落。欧州時間に発表された7−9月期ユーロ圏域内総生産(GDP)速報値が予想より弱い内容となったことでユーロ売り・ドル買いが優勢となった。ドイツ政治の先行き不透明もユーロ売りにつながり、一時1.1341ドルと日通し安値を付けた。10月独消費者物価指数(CPI)速報値が予想を上回ったことで一時1.1382ドル付近まで買われる場面もあったが、戻りは鈍かった。
 ポンドドルは英国の欧州連合(EU)離脱を巡る懸念が続くなか、一時1.2696ドルと8月16日以来の安値を付けた。市場では「北アイルランド問題に進展が見られず、12月のEU首脳会議前に交渉が前進する見込みもない。来年3月末の離脱までに合意に至るという期待ははく落しつつある」との指摘があった。

・ユーロ円は続伸。22時30分過ぎに一時128.44円と日通し高値を付けたものの、そのあとはユーロドルの下落につれた売りが出て128円を割り込む場面があった。もっとも、取引終了にかけてはドル円の上昇や米国株高に伴う買いが入り再び強含んだ。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)