→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2018年10月09日

ドル円、3日続落

・ドル円は3日続落。アジアや欧州の株式相場が軟調に推移した流れを引き継いで米国株相場も下落スタート。ダウ平均の下げ幅が一時220ドルを超えると投資家がリスク回避姿勢を強め円買い・ドル売りが優勢となった。3時前に一時112.82円と日通し安値を付けた。
 ただ、米国債券相場がコロンブスデーの祝日で休場だったため、米長期金利の動向を警戒した動きが一服。ダウ平均が持ち直したことでドル円にも買い戻しが入り113.25円付近まで値を戻した。

・ユーロドルは3営業日ぶりに反落。ただ、NY市場に限れば下値の堅さが目立った。イタリア予算を巡るEUとの対立を懸念した売りが先行し、22時過ぎに一時1.1460ドルと8月20日以来の安値を付けた。ただ、売り一巡後はドル円の下落に伴うユーロ買い・ドル売りが入ったため1.1499ドル付近まで戻した。

・ユーロ円は3日続落。イタリア財政への懸念から売りが先行したほか、米国株安に伴う売りが出て一時129.51円と9月13日以来の安値を付けた。ただ、ダウ平均がプラス圏に浮上するとショートカバーが入り130円台前半まで下げ幅を縮めた。
 ポンド円も英国のEU離脱交渉の先行き不透明感がくすぶるなか、2時30分前に一時147.50円と本日安値を付けたが、そのあとはじりじりと下値を切り上げた。ユーロ円と似た動きとなった。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)