→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2018年08月08日

ドル円、小反落

・ドル円は小反落。欧州の取引時間帯に全般ドル安が進んだ流れを引き継いで円買い・ドル売りが先行。前日の安値111.15円や3日の安値111.10円を下抜けて一時110.99円まで値を下げた。ただ、111円割れの水準では下値を拾いたい向きも多く下押しは限定的だった。
 ダウ平均が一時190ドル超上昇するなど、米国株相場が底堅く推移すると円売り・ドル買いが出て一時111.48円と日通し高値を付けた。米10年債利回りが一時2.9767%前後まで上昇した影響も受けた。
 米政府はこの日、中国製品160億ドル相当への関税を23日に発動すると発表した。

・ユーロ円は上昇。米国株相場の上昇を背景に、投資家のリスク志向が改善し円売り・ユーロ買いが優勢となった。ユーロクロスが全般買われた影響も受けて一時129.23円まで値を上げた。
 一方、カナダドル円は軟調だった。ユーロや米ドルに対してカナダドル売りが強まった流れに沿って一時85.15円まで値を下げた。7月カナダIvey購買部協会景気指数が61.8と前月の63.1から悪化したことも相場の重しとなった。

・ユーロドルは6営業日ぶりに反発。米長期金利の上昇などを手掛かりにユーロ売り・ドル買いが出て、序盤は上値の重さが目立った。ただ、ユーロカナダドルなどユーロクロスの上昇に伴う買いも入ったため下押しは限定的だった。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)