→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2018年07月13日

ドル円、4日続伸

・ドル円は4日続伸。欧州時間からの流れを引き継いで買いが先行し、20時過ぎには一時112.63円と1月10日以来の高値を更新。その後は6月米消費者物価指数(CPI)の前月比が市場予想を下回ったことで米長期金利が上昇幅を縮めたため、伸び悩む場面も見られたが、総じて株高を支えに底堅く推移した。なお、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は「インフレは徐々に上昇し2%に迫っている。我々は目標に近づいている」「経済は良好だが、インフレ目標は完全には達成していない」「斬新的な利上げ結果に満足している」などの見解を示したが、目立った反応は見られなかった。

・ユーロドルは3日続落。米金利上昇を背景に対円などでドル高が進んだ流れに沿って、20時30分過ぎには一時1.1650ドルまで値を下げた。米CPIの発表後は米金利の上昇幅縮小に伴って1.1696ドルまで買い戻しが入ったものの、その後は再び伸び悩むなど方向感の乏しい動きとなった。

・ユーロ円は6日続伸。ドル円と同様に株高を支えにした円売り・ユーロ買いが広がった。ユーロドルの買い戻しにつれた買いも入り、1時前には131.48円まで値を上げた。

(GI24から引用)




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)