→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2018年07月10日

ドル円、反発

・ドル円は反発。NY勢の参入後は対ポンドを中心にドル買いが進んだ流れに沿って値を上げた。ダウ平均が340ドル超高まで上げたことも買いを誘い、2時30分過ぎには一時110.90円まで値を上げた。その後も高値圏で底堅く推移した。
 ポンドドルは軟調。ジョンソン英外相の辞任が伝わると、英政局の先行き不透明感が高まったことを嫌気した売りに押されて一時1.3190ドルまで値を下げた。もっとも、メイ英首相への不信任案が提出されるとの思惑が保守党議員から否定されたため、その後は1.3270ドル台まで下げ渋った。

・ユーロドルは3日続伸。21時30分前に一時1.1791ドルまで上昇する場面があったものの、その後は対ポンドでのドル買いが波及したことで上値を切り下げる展開に。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が「少なくとも2019年夏まで金利を据え置くと予想」などの見解を示したことも重しとなり、2時30分前には一時1.1733ドルまで下押しした。もっとも、引けにかけてはポンドドルと同様に下げ渋った。

・ユーロ円は3日続伸。欧州株高などを支えに円売り・ユーロ買いが進み、23時前に一時130.26円まで上昇。その後も130円台前半での推移が続いた。
 なお、トルコリラ円は一時23.33円まで急落。トルコのエルドアン大統領が義理の息子を財務相に指名したほか、経済担当で副首相だったシェムシェキ氏を入閣させない方針を示すと、急ピッチでトルコリラ売りが進んだ。

(GI24から引用)




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)