→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2018年07月04日

ドル円、6営業日ぶりに反落

・ドル円は6営業日ぶりに反落。欧州時間に上値の重さを確認したこともあり、NY勢の参入後には売りが先行した。米長期金利の低下に伴う売りも入り、アジア時間に付けた安値110.76円を下抜けると目先のストップロスを誘発して下げ幅を拡大。ダウ平均や日経平均先物が下げに転じたことでリスク回避の売りも強まり、1時前には110.51円と昨日安値に面合わせした。その後は米独立記念日の前日で取引参加者が減少するなか、安値圏でのもみ合いとなった。

・ユーロドルは反発。手掛かり材料に乏しいなか、1.1655ドルを挟んだ一進一退の動きが続いた。欧州時間には一時1.1673ドルまで上昇する場面があったものの、昨日高値の1.1693ドルが目先のレジスタンスとして意識されると伸び悩んだ。なお、5月米製造業新規受注は前月比で0.4%増加と市場予想の前月比横ばいを上回ったが、相場への影響は限定的だった。

・ユーロ円は続落。ドル円と同様に株安を手掛かりにした売りに押された。カナダドル円など他のクロス円の下げにつれて、アジア時間につけた安値の128.73円に面合わせした。引けにかけては129.00円付近まで下げ渋ったものの、戻りも限られた。なお、カナダドル円は原油先物相場が失速したことで83.90円台まで売りに押される場面も見られた。

(GI24から引用)




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)