→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2018年07月02日

ドル円、4日続伸

・ドル円は4日続伸。「トランプ米大統領がWTO脱退を模索」との報道が伝わると一時110.48円まで下押しした。ただ、ムニューシン米財務長官がこの報道を否定すると買い戻される展開に。ダウ平均が290ドル超上昇するなど株高が支えとなったほか、米10年債利回りの上昇を受けて15日高値の110.90円を上抜けて110.94円と5月22日以来の高値を付けた。一方、ダウ平均が引けにかけて50ドル超高まで急速に上げ幅を縮めた影響から110.60円近辺まで売りに押されるなど方向感が定まらなかった。
 なお、5月米PCEデフレーターや6月シカゴPMIなどこの日発表された米経済指標は強弱入り混じる内容だったことから反応は限定的だった。

・ユーロドルは続伸。NY序盤は1.1650ドルを挟んだもみ合いだったが、市場では「月末のロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに向けて欧州通貨買いが強まった」との指摘があり、強含んだ。その後も全般ドル安が進んだ流れに沿って一時1.1690ドルまで上値を伸ばした。

・ユーロ円は続伸。欧米株高を手掛かりに投資家のリスク志向改善を意識した買いが広がり、一時129.47円まで上値を伸ばした。ユーロドルが堅調に推移したため、その後も高値圏を維持して取引を終了した。
 なお、カナダドル円は買い優勢。一時84.38円まで値を上げた。4月カナダGDPなど相次ぐ強い指標や原油先物相場の上昇、カナダ中銀(BOC)による4−6月期の企業業況感に関する四半期調査で「インフレ期待は依然としてレンジ内ではあるものの、再び上昇した」「企業景況感指数は過去最高に近い水準まで上昇した」との見解が示されたことが買い材料視された。

(GI24から引用)




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)