→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2018年06月06日

ドル円、3日ぶりに反落

・ドル円は3営業日ぶりに反落。5月米サービス部門PMI改定値や5月米ISM非製造業指数が予想より強い結果となったことで一時109.90円付近まで上昇する場面があったものの、その後は米長期金利の低下などを手掛かりにした売りに押された。対ユーロなどでドル安が進んだ影響もあり、1時30分過ぎには109.47円まで下押し。もっとも、引けにかけては米金利の低下一服などを支えに109.80円台まで下げ渋った。

・ユーロドルは続伸。イタリアのコンテ新首相が所信表明演説で「国民に急進的な変革をもたらす」などと発言し、イタリア国債が急落した影響から売りが先行した。23時過ぎには一時1.1653ドルまで値を下げた。もっとも、昨日安値でもある同水準付近で下値の堅さを確認すると買い戻しが優勢に。「欧州中央銀行(ECB)は14日の定例理事会で量的緩和政策(QE)からの出口戦略を議論する可能性がある」との一部報道が伝わると買い戻しが加速し、2時過ぎには1.1732ドルまで反発した。

・ユーロ円は5日続伸。22時過ぎに127.79円まで下げるなど欧州勢の参入後は売りが目立っていたが、売りが一巡すると128.60円台まで切り返した。総じてユーロドルにつれた動きとなった。

(GI24から引用)




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)