→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2018年03月14日

ドル円、反発

・ドル円は反発。2月米消費者物価指数(CPI)の発表直後に一時107.29円まで上昇する場面も見られたが、その後は米長期金利の低下とともに上値を切り下げる展開に。「トランプ米大統領がティラーソン国務長官を解任し、後任にポンペオCIA長官を充てる」ことが明らかになり、一時ドルが全面安となった流れに沿った。200ドル近く上げたダウ平均が230ドル超安まで反落したほか、ナイト・セッションの日経平均先物が270円安まで下げたことなども相場の重しとなり、5時前には106.46円まで売りに押された。なお、2月米消費者物価指数(CPI)や変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数はいずれも市場予想通りの結果となった。

・ユーロドルは続伸。欧州時間に下値の堅さを確認すると、その後は次第に下値を切り上げた。全般にドル安が進んだ影響を受けたほか、ユーロクロスの上昇につれた買いも入り、2時前には一時1.2407ドルと日通し高値をつけた。なお、主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時89.591まで低下した。

・ユーロ円は反発。ドル絡みの取引が中心となったことでしばらくは132.20円を挟んだもみ合いとなっていたが、その後は株安が重しとなったため131.80円台まで弱含んだ。

(GI24から引用)




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)