→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2017年11月08日

ドル円、反発

・ドル円は反発。米長期金利が上昇幅を縮小したことで売りが先行。「サウジアラビア国王による汚職の取り締まりは銀行口座の凍結まで範囲を広げるようだ」との報道を受けて全般にリスク回避の動きが広がるなか、ナイト・セッションの日経平均先物の200円安やダウ平均の60ドル超安などが重しとなり、3時過ぎには113.823円まで値を下げた。もっとも、引けにかけてはダウ平均が持ち直したこともあり114.00円付近まで下げ渋った。

・ユーロドルは下落。欧州時間に一時1.15545ドルと7月20日以来の安値を更新したものの、一巡後は米金利が低下に転じたことよるドル売りが強まるなか、徐々に下げ幅を縮小。関係者筋の話として「10月26日のECB会合ではインフレ動向が改善するまで債券購入を続けるとの文言変更をクーレECB理事、バイトマン独連銀総裁、ビルロワ仏中銀総裁が主張した」と報じられたことも買い戻しを誘い、1.1590ドル台まで下値を切り上げた。

・ユーロ円は3営業日ぶりに反発。株安を背景にリスク回避の売りが進み、21時前には一時131.862円まで値を下げた。いったんはユーロの買い戻しが入ったことで132.30円付近まで買い戻される場面もあったが、戻りの鈍さを確認すると再び株安が相場の重しとなり、一時131.841円と本日安値を更新。一方、その後は株安が一服したことで132円台を回復した。

(GI24から引用)




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)