→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2017年10月13日

ドル円、反落

・ドル円は反落。9月米卸売物価コア指数や前週分の米新規失業保険申請件数が予想より強い内容となり112.454円まで値を上げたが、上値は重かった。米10年債利回りが低下したことが嫌気されたほか、米地質学研究所(USGS)が「日本時間1時40分過ぎに北朝鮮で発生したM2.9の地震が自然か人工的か確認できず」との見解を示すと売りが強まり、3時前には日通し安値となる112.126円まで値を下げた。一方で、前日安値の112.081円が目先のサポートとして意識されると引けにかけては112.30円付近まで下げ渋った。

・ユーロドルは5営業日ぶりに反落。対オセアニア通貨を中心としたユーロ売りの流れに沿って売られる展開となった。一時1.18272ドルまで値を下げ、その後の戻りも鈍かった。
 なお、ポンドドルは荒い値動き。欧州連合(EU)のミシェル・バルニエ主席交渉官が「英EU離脱交渉は行き詰っている」と発言したことをきっかけに売りが優勢となり、21時過ぎには一時1.3122ドルまで急落した。ただ、NY時間に入り「バルニエ氏は英国に対して2年間EU市場に留まることを提案しているようだ」との報道が伝わると一転してショートカバーが活発化。一時1.3291ドルの本日高値まで急反発。ポンド円も147.30円から149.16円まで一転上昇した。

・ユーロ円は5営業日ぶりに反落。ユーロクロスが売られた影響から総じてさえない値動きとなった。地政学リスクが高まったことも重しとなり、一時132.796円まで下落した。

(GI24から引用)




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)