→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2017年10月09日

ドル円、反落

・ドル円は反落。米雇用統計を受けて買いが先行した。9月米雇用統計では非農業部門雇用者数が前月比3万3000人減と市場予想の前月比8万人増に反して減少したものの、平均時給は前月比0.5%増と市場予想の前月比0.3%増を上回り、前月分も上方修正された。インフレ期待の高まりを背景に米長期金利が上昇幅を拡大すると日米金利差拡大を見越した買いが進み、23時前には一時113.438円と7月14日以来の高値を更新した。ただ、一部通信社が「北朝鮮は今週末、米西海岸に到達可能なミサイル試射の用意が整った」と報じると、一転して売りが優勢に。リスク回避目的の円買い・ドル売りに押されて5時30分過ぎには112.609円の安値まで反落した。

・ユーロドルは反発。米雇用統計の発表後に全般にドル高が進んだ影響から1.16697ドルまで下落したものの、8月17日安値の1.16624ドルが意識されると売りも一服した。その後は北朝鮮絡みの報道を受けたドル売りの流れに沿って1.17388ドルの高値まで買い戻された。

・ユーロ円は反発。ドル円の上昇につれて23時30分過ぎに132.769円の高値をつけたものの、その後は北朝鮮絡みでリスク回避の動きが次第に強まり、132.10円台まで上値を切り下げた。

(GI24から引用)




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)